旅行

旅行の下準備!上海ディズニーランド出発までに行った7のこと

準備編

先日、中国の上海市にある、上海ディズニーランド(上海迪士尼乐园)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

前回は上海旅行の目次をご紹介したので、いよいよ旅行記を始めていきます。ただ、上海ディズニーランドへ行くにあたって、WDW旅行と同様に様々な事前準備を行ったので、当日の話をしていく前に旅行準備編を紹介していきます。これから旅行を考えている方は是非参考にしてみてください。

【上海ディズニーランド旅行記2016の目次】

【1】前回と同様!最初に行うのは「下調べ」

下調べ

今回もWDW旅行と同様、徹底的な下調べからスタートしていきます(2016年10月頃)。

もちろん、それにはパークを快適に過ごしたいという気持ちもありましたが、今回は言語も全く分からないし、周りで誰も行った人のいない中国へ行くとあって(笑)、それについての不安も多少なりとあり、前回以上に徹底的な下調べをしようと心に決めました。

というわけで、スタートした上海ディズニーランドの下調べ。

しかし!!!!!!

パークがオープンして数ヶ月しか経ってないということもあり、上海ディズニーランドに関することが細かく書かれたガイドブックは一切なく、実際にパークへ行った方の旅行記ぐらいしか、まともな情報を手に入れる手段がありませんでした(驚)。

もちろん、他の方の旅行記は本当に本当に役立つものなのですが、行ったことのない場所、特に国になるとガイドブックでまず情報をインプットして、その場所の雰囲気を掴んでいた自分にとっては、ガイドブックがないという事実はとてつもない不安材料(笑)。

ただ、色々な旅行記を見てみると、あれ?と思う部分もあるそうですが、上海ディズニーランドは空港からのアクセスも簡単だし、空港やリゾート内であれば英語もしっかりと通じるし、マナーの面もそこまで悪くないらしいので(笑)、思っている以上に心配する必要はないらしい!!

先人たちの声は本当に頼りになります(泣)

というわけで、色々な旅行記を読みながら不安をかき消しつつ、前回のWDW旅行以上の情報収集をして上海へ備えました。上海ディズニーランド公式HPからは日本語で情報収集が出来ないので、旅行へ行く方はこのブログを含めた旅行記を中心に(笑)、下調べするところから始めてみてください。

【2】日程を決める

日程

下調べが終ったら、旅行の日程を決めていきます。

この旅行を計画し始めたのは10月でしたが、本当は6月のオープンと同時くらいに行きたいと話しており、実際に予約しようと試みていました。しかし、見事に連泊で直営ホテルを予約することができず、そこで意気消沈したふたりは、それからズルズルと日付を進ませてしまい、気づけば年の終わりも近い10月を迎えていたというわけです(笑)。

ここまで来ると行かなそうな雰囲気も漂っていましたが、今回の旅行は彼女の誕生日プレゼントだったので、年は越したらまずいという思いからお互いの仕事を本気で調整。そして、いくつかの候補日の中から、ようやく上海ディズニーランド旅行の日程が決まりました。

その日程と言うのがなんと!!!!!

11月12~18日の1週間(笑)

上海ディズニーリゾートには1パークしかないのに、1週間の日程を組んだのはかなりヤバめですが、今回は最新のパークを存分に楽しみたいという想いと、上海の直営ホテルを含めてしっかりとレポートしたいと思ってこの日程にさせていただきました。

詳しい日程は上海ディズニーランド旅行記の目次をご覧ください

なお、この日程決めで最も重要となったのがパークへ行く日にちです。今回は目次にある通り、平日にパークへ行くプランにしたのですが、これが大きな肝となっています!!

チケット

と言うのも、上海ディズニーランドは平日か土日祝かによって、チケットの価格が大きく異なるのです。値段で言うと平日が370元、土日祝が499元なので約20%くらい。僕達がパークへ訪れた時のレートだと、日本円でふたりで1日約4,000円くらいの差ですね。

ただ、僕達としてはこのお金面というよりも、、、、。

料金が高い=お客さんが見込める=混雑する

これが本当に嫌だったので、何とかしてでも避けようと思っていました。実際に上海ディズニーランドの混雑状況が載っているサイトを見ても分かるように、月金も若干混雑していますが(小声)、平日よりも休日が圧倒的に混雑しているのがわかります(中国の休日は特に大混雑ww)。

というわけで、そんな理由もあって、目次にもあるように土日の両方はホテルを堪能し、残りの平日にパークへ行くという今回の日程を立てさせていただきました。

ちなみに、実際のパークを体験してみた感じだと、平日の2日間あれば(空いているが前提)全体的に回れる雰囲気だったので、これから旅行を計画している方は参考にしてみてください。

まぁ、僕たちはこの日程でも足りませんでしたけどね!!笑

【3】宿泊するホテルを決める

ホテル

下調べと日程決めと同時に行っていたのが、宿泊するホテル決めです。

ただ、先述の通り僕たちは直営ホテルの宿泊しか考えていなかったため、自然と宿泊先は上海ディズニーランド・ホテルトイ・ストーリー・ホテルのふたつに絞り込まれていました。

更に言うと、今回はどちらのホテルも宿泊したいという欲張りプランを考えていたため、①いつどっちに何日間泊まるのかの3つを決めればOKなのです。

というわけで、1週間の日程の中でパークへ行く日などを踏まえて、上海に到着する初日に上海ディズニーランド・ホテルのクラブレベルに、それ以降の全泊をトイストーリー・ホテルのガーデン・ビューにしました。

なお、この日程にした理由を詳しく説明するとダラダラ長くなってしまうと思うので(笑)、リスト形式にして簡単に紹介するにとどめさせて頂きます。

【ホテル宿泊の日程理由】

  • 上海ディズニーランドホテルは割高なので、予算の関係上トイストーリーホテルの宿泊を多くした
  • パークへ行く日はホテルにいる時間は少ないので、格安なトイストーリーホテルでも良いと思った
  • ただ、1泊しかない上海ディズニーランド・ホテルをより満喫したかったのでクラブレベルにした
  • トイストーリーホテルからの景色はイマイチらしいので、それならとこっちは一番安い部屋にした
直営ホテルについて
  • 上海ディズニーランドホテル:デラックスタイプで価格も割高
  • トイストーリーホテル:バリュータイプで価格も割安

【4】旅の手配

手配

旅行の概要が決まったら、いよいよ旅の手配に移ります。

最近になって上海ディズニーランドのツアーが登場し始めたようですが、僕たちが行った時期はそんなものが一切なかったので、WDW旅行と同様に個人で旅行を手配していきます。まぁ、仮にツアーをやってたとしても、この日程のツアーなんてあるわけないだろうから良いけど(笑)。

今回は日程を決めながら、ホテルや航空券の空き状況は常に確認していたので、日程が確定した時点で一気に予約を取りました。日程を決めても航空券が無かったり、割高だったことを後から知ることもあるので、そういったのを並行して調べながら日程を決めるのがおすすめです。

というわけで、まずは航空券から!!!

ANA

東京から上海(上海浦東国際空港)は、様々な航空会社を利用して行くことができるのですが、いつからか僕たちカップルはANAファンになってしまったので(笑)、満票一致で今回の上海旅行も日系のANAを利用して行くことにしました。

てなわけで、ANAの公式HPから航空券を予約。

時期的に安いのか高いのかはわかりませんが、往復の航空券代はふたりで66,740円でした。中国の日本からも近い上海なので、個人的にはかなり安い価格設定なのではないでしょうか。ちなみに、価格を重視するのであれば、もっと安い航空会社もあるので、そこを利用するのもありだと思います。

では、次にホテル予約!!

ホテルは上海ディズニーランドの公式HPから行っていきます。

なお、中国語は当然のごとく一切わからないので(笑)、苦手だけど英語表記のページから予約を取りました。一応、簡単な紹介になってしまいますが、わかりやすいようにとスクショを撮って予約を取ったので、軽く予約方法を説明させていただきます。

【4-1】ホテルの予約方法

ホテル予約

まずは英語版の上海ディズニーランド公式HPにアクセス。

そして、ページ上部の検索窓の左のタブから「Hotels」を選択して、チェックイン日、チェックアウト日、宿泊ホテル、予約したい部屋の数、ゲストの人数を選択して「Find Prices」をクリック。

ホテル予約

すると、希望日の部屋ごとの値段や詳細が出てくるので、既に宿泊したい部屋が決まっていれば、希望したい部屋の料金表示の下にある青字の「Select」をクリック。ここで別部屋の比較などもできるので、まだ決まってない場合はこの機能を使うと良いかもしれません。

なお、部屋が満室の場合は、同じ場所に青文字で「Change Search」の表示が出ているので、この場合はその部屋の予約を潔く諦めて下さい(笑)。

ちなみに、今はこの画面で朝食付きのプランも予約ができるようです。「Select」の上に小さな文字でオプションを加えられるようになっているので、必要であればチェックを入れると良いでしょう。

ホテル予約

宿泊する部屋が決まったら、次にログイン画面に移ります。

まだユーザー登録をしていない方は、画面下の「Create Account」をクリックしてアカウントを作成して、既に持っている方は情報を記入してログインしてください。

なお、僕が予約した際はメールアドレスを記入する上記の画面でしたが、さっき見たら電話番号での入力欄がありました。まぁでも、個人的にはメールアドレスのが楽なので良い気がします。

ホテル予約

次に利用規約的なのに承諾するか聞かれるので、とりあえずチェックして次に進みます(笑)。

ホテル予約

次の画面ではパークのチケットを購入するのかを聞かれます。

「Add Tickets」を押すと、1デーと2デーともに追加が可能なのですが、僕達はここでは購入しませんでした。と言うのも、まだまだパークへ行くまで日数があったし、直前にやっぱりこの日にパークに行きたい!となった時に変更が効かなかったら嫌だったから。

それに直営ホテル宿泊者は、パークへの入園保証が付いているので、混雑してて入れなかったなどの心配がないというのもここで購入しなかった理由のひとつです。ただ、もうパークへ行く日も何もかも決まってるぜ!って方は、ここで購入して良いと思います。

というわけで、僕たちは「No Tickets」にチェックを付けて、確認しますを意味する画面下の緑色ボタン「Confirm」を押して次に進みました。

ホテル予約

次の画面では予約に関する、少し細かな部分を聞かれていきます。

ホテル予約

ホテルに宿泊するゲストの名前や連絡先を記入したり、、、。

ホテル予約

支払い方法はどうするのかを聞かれます。

ちなみに、支払い方法は上から銀聯カード(中国のクレジットカード的なやつ)、Alipay(中国独自の決済システム)、クレジットカードになっているのですが、上のふたつは特殊なケースでないと持ち合わせていないと思うので、大概の人は最後のクレジットカードを選択しておけば問題ないでしょう。

そして、全ての項目を終えたら、画面下の緑色ボタン「Confirm」を押して次へ。

ホテル予約

予約の内容をささーっと確認して問題が無いようであれば、緑色ボタン「Pay Now」をクリックして支払いの方に移っていきます。

ホテル予約

クレジットカードの支払い画面になるので、カード情報を入力して「Confirm」をクリック。

ホテル予約

そして、この画面が出てば無事予約完了です。

通常であればこの後、完了メールが登録したメールアドレスに届くようですが、僕はなぜかわかりませんが届かず(笑)。その他の案内メール的なのはちゃんと届いたのに何でだろうww

まぁ、ログインして確認したら予約は取れていたので良かったですが、僕はよくわからないトリッキーなプレイをされました。ちなみに、今回はトイストーリー・ホテルも宿泊するので、同じ工程を繰り返してそちらの予約も取り付けたのですが、僕はここでとあるミスを起こします(笑)。

まぁ、それは後日のお楽しみと言うことで!!!

【5】レストランの予約

レストラン

続いてレストランを予約していきます。

海外に行くとアトラクションもそうですが、同じくらい気になってしまうのがレストラン。日本を飛び出して別の国に行くわけですから、その場所の料理を堪能するのも外せません。

というわけで、上海ディズニーランドにはたくさんのレストランがありますが、その中でも高い人気を誇っているのが、パークのシンボルであるエンチャンテッド・ストーリーブック・ キャッスル内にある、ロイヤル・バンケット・ホールというレストラン。

こちらはパーク内で唯一のテーブルサービスとなっており、かつミッキーなどの主要キャラクターとディズニープリンセスが登場するグリーティングレストランなのです。

テーブルサービス=豪華

なイメージがディズニーではあるので、この時点で興味津々になっちゃうんですが、更にグリーティングがあると聞いたらもう行かないわけにはいきません(笑)。

そうなるともう完全に行きますモードなのですが、こちらのレストランは先ほども記述したようにとても人気があるため、利用するには予約が必要になります。

ちなみに、現時点での予約方法は以下の3つ。

  1. 電話で事前予約をする
  2. 現地で当日予約をする
  3. 代行会社に予約をお願いする

【5-1】予約方法について

電話で予約をする

直接事前予約する場合は、こちらの方法のみとなっているのですが、電話だと中国語か英語での対応になるのでそこが厄介。しかも、国際電話になるので上手く伝達できない場合は、かなりの金額になってしまう恐れがあるので、言語に問題があって節約旅行の場合は結構ダメージを受けます。

【電話予約の方法】

  1. Disney Reservation Centerに国際電話
  2. ガイダンスが流れ始め、対応言語を聞かれるので「1(中国語)」or「2(英語)」をプッシュ
  3. 次に電話の内容を聞かれるので、「3(ダイニング)」をプッシュ
  4. オペレーターと繋がるので必要事項を伝える
    (レストラン名、希望日、希望時間、利用人数など)

現地で予約をする

現地での予約なので何かと安心ですが、当日の枠が空いてないとダメなので、確実に利用したい時には向きません。ただ、調べた情報によると、混雑日でないと空きは比較的ある感じらしいです。

ちなみに、こちらの方法で予約を取る場合は、開園後に城中にあるレストラン入口の人に、その旨を伝えれば良いそうです。中国語か英語対応になりますが、利用するレストランの前なので、ジェスチャーとか片言で伝えれば何とかなると思われます(笑)。

代行会社に予約をお願いする

自分では無理そうな場合は、代行会社に任せてしまうのも一つの手です。代行会社には色々種類がありますが、代表的なのもだとクレジットカード会社のサービスを利用する方法があります。

そして、その中でも特に有名なのが、JCBカードを所有していれば利用できるJCBプラザコールセンターです。こちらは予約手配料と通話料が共に無料なので、JCBカードを持っていれば是非とも利用したいところ。ただし、手配には時間がかかるので、前もって予約をする必要があります。

クレジットカード会社で言うと、他にもプラチナカードなどに付属するコンシェルジュデスクを利用する方法もあるので、所持していればそちらから予約をするのも良いでしょう。

そして、有料にはなりますが、国内や日本語対応可の中国の旅行会社にお願いする方法もあります。

【5-2】第4の方法で予約をする

電話

以上、3つの方法があるわけですが、当然事前予約を今回したかったので、②の現地での当日予約は当然ボツ。そして、節約旅行ではありませんでしたが、正直国際電話での予約は出来る気がしないし抵抗があったので、①の電話での予約もボツ。

そうなると、自然と③代行会社(クレジットカード会社経由)の方法となるのですが、突如として4つ目の方法が浮上してきます。そして、悩んだ結果、今回はその方法で予約を取ることにしました。

その方法とは、、、、。

中国に住んでいる知り合いに予約してもらう(笑)

はい、普通に裏技ですね。

愛里の知り合いがちょうど上海に留学をしていて連絡したら、「何かあったら頼って下さい!!」と言ってくれたので、その言葉に甘えて予約をお願いしてしまいました。僕たちの中でレストラン予約はハードルが高いものだったので、お願いできて本当に良かったです。

まぁ、皆さんの参考に全くならないですが(笑)。

ちなみに、上海ディズニーランド・ホテルの中にあるレストランも予約可能な場所があります。僕たちは利用をしませんでしたが、行ってみたい方は同じ方法で予約をしてみると良いでしょう。

【6】その他の準備

【6-1】海外保険の申し込み

今までの海外旅行で一度もお世話になったことはないですが、何かあった時のために手助けしてくれる海外保険はやっぱり必要不可欠。ということで、良い保険なのかはわからないけどいつも利用している(笑)、損保ジャパン日本興亜で今回も申し込みました。

【公式HP】損保ジャパン日本興亜

【6-2】海外用Wi-Fiの申し込み

色々な場所で無料Wi-Fiが通っているようですが、大抵満足のいく速度で利用することが出来ないし、言語が全く分からない中国と言うことで、この旅行でも海外用Wi-Fiルーターを申し込みました。

ちなみに、中国ではネット規制が行われているので、VPN接続をしないとGoogle(翻訳サービスを含む)、LINE、Twitterなどのサービスを利用することが出来ません。

複雑なシステムなので、これ以上のことを知りたい方はググって欲しいのですが(笑)、とりあえず日本にいる時と変わらない感じでネット使用したいなら、VPN接続をしなければいけないので、こちらを利用できるサービスなどを別途で登録する必要があります。

ただ、僕たちがいつも使用しているグローバルWiFiであれば、Wi-FiルーターにVPN接続の機能が付けられるので、設定をするだけで別途で何かを登録しなくてOKなのです。

海外用Wi-Fiルーターを借りる人限定の話になりますが、実際にかなり便利なサービスだったので、利用を考えている人はこちらの会社がおすすめです。

海外専用グローバルWiFi

【6-3】公式アプリをインストール

WDWの時もそうですが、上海ディズニーランドにも便利な公式アプリがあります。

公式アプリでは、アトラクションの待ち時間やショー公演時間などを、アプリを通じてチェックすることが出来るので、効率よくパークを回りたい場合は是非持っておきたいツールです。

ただし、こちらは普通の方法では日本国内でダウンロードできないので、少し特殊な方法でダウンロードしなければいけません。結構複雑なので詳しく解説しているサイトを貼っておきます。あ、当然ですが現地で利用する場合はネット環境が必要なので、その点は事前に注意してくださいね。

上海ディズニーランド公式アプリ インストール方法

【6-4】外貨両替

僕達は海外ではあまり現金を持ち歩かず、いつもクレジットカードの利用が中心。そのため、上海ディズニーランドでもそのスタイルで行きますが、やはり現金オンリーの場所(中国だと電車やタクシーなど)も少なからずあるので、僅かですが現地の通貨である中国元を持っていきました。

ちなみに、僕達は2万円分の両替をしましたが、カードを使える場所が多かったので、カード中心で考えればそんなに必要はなかったと思います。ただ、中国元が余ってもしょうがないので(笑)、うまく調整してほぼ使いきることができました。

【7】その他

【7-1】簡単な中国語を調べる

やはり、全く中国語が話せないというのは、僕にとってかなりな不安材料なので、簡単な挨拶やパークで使いそうな言葉を含めて、少しだけ中国語を覚えておきました。

ちなみに、特に僕たちが入念に調べておいた言葉は、、、。

パクチー抜き(笑)

元々ふたりとも大嫌いなのですが、上海旅行へ行く前にちょっとオシャレな中華料理屋さんに入った時、そこでまさかのパクチーが入っていたんです(泣)。そこで中華料理にも出没すると知ったため、この言葉だけはふたりで何回も復唱して練習し中国入国に備えました(笑)。

【7-2】移動手段を調べる

やはり、個人手配で大変なのが空港からの移動手段。【1】の下調べと被る部分ではありますが、上海浦東国際空港から上海ディズニーリゾートまでの行き方はしっかり調べました。

一応、現時点での行き方は、タクシーと電車の2つが主な手段になります。どっちが便利だろう?と思ったので、今回の旅行では行きと帰りで両方を試しました。

この辺の話については当日編で詳しく書いていきます。

【7-3】チャットで質問する

大概のことは色々な方の旅行記で情報が手に入りましたが、上海ディズニーランドについてどうしても気になることがあったので、そちらについては公式HPにあるチャットから直接質問をしました。

こちらも中国語か英語の対応になるのでハードルが高そうですが、チャットであればWEB翻訳に通しながら会話が出来るので、意外と簡単に話せちゃったりします(笑)。

ちなみに、気になったのはミニ三脚を持ち込めるかどうかなんですが、僕が聞いた範囲だと問題ないと言っていました。結局、使わないと思って持ち込まなかったけど(笑)。ま、今は方針が変わってるかもなので、三脚を持ち込もうとしている方は一回聞いてみてくださいね。

この他にも気になることがあれば、チャットなのですぐに答えてくれるので、わからないことや質問があれば是非利用してみることをおすすめします。

上海ディズニーランド ライブチャット

【7-4】関連映画を観る

上海ディズニーランドには、映画を観ていた方がより楽しめるスポットがいくつかあります。彼女は大量のディズニー映画を所持しているのですが(笑)、まだ観たことがない映画があったので、旅行前の時間があるタイミングでそれらをチェックしました。

なお、押さえておきたいタイトルはいくつかありますが、映画『トロン: レガシー』と『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは確実に観て行くことをおすすめします。

【7-5】パッキング

細かなものを入れると色々ありますが(笑)、それらは省略して最後にパッキングです。

今回の旅行では我慢せず、大量のお土産を買ってこようと話していたので、不必要なものはあまり詰め込まずにパッキングをしました。お陰で行きはめちゃめちゃキャリーが軽かったです。

最後に

というわけで、今回は下調べや旅行の手配などを中心とした、旅行の準備編をお送りしました。そして、次の記事はいよいよ旅行当日編のたった3時間半で到着!快適だった成田から上海へのフライトタイムになります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事