旅行

WDWへの下準備!オーランド出発までに行った9のこと【後編】

WDW下準備

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

さて、前回の記事では、ホテル予約や個人手配といった出発までに行った準備・前編ついて書かせていただいたので、今回はその続きである旅行準備部分の後半編をお届けします。

【WDW旅行記2015の目次はこちら】

【5】My Disney Experienceの登録

My Disney Experience

前回の記事で旅行の個人手配をしたわけですが、WDW旅行ではこれからの作業がとても大切になってきます。何故なら、WDWはこれから登録するMy Disney Experienceというサービスを利用することで、レストランやファストパスを事前予約できるからです。

こちらはほとんどのゲストが利用している、WDW効率的に楽しむ上で欠かせないサービスなので、もし訪れる予定のある方は必ずチェックしておきましょう。

というわけで、早速登録していくのですが、こちらは誰かが代行してくれるわけではないので、全て英語で書かれているWDW公式HPから全て自分で行う必要があります。ただ、英語が全くできない僕にでも、難なく登録することができたので、そこまで難しい作業ではありません。

もし、できなさそうな場合は、わかりやすく登録方法を紹介しているブログなどがあるので、そういったものを見ながら登録すると良いでしょう。

そして、My Disney Experienceへの登録が完了したら、そのアカウントと予約したホテル情報などをリンクさせます。これを行うと直営ホテルに宿泊していないゲストよりも早く、レストランやホテルの事前予約が可能となり、その予約情報が直営ホテル宿泊者が無料でもらえるマジックバンドにも自動リンクされます。

なお、アカウントをリンクさせるには、旅行代理店(今回はミッキーネット)から教えてもらえる、WDWの予約番号の入力が必要となります。ただ、旅行代理店によっては、こちらを教えてもらえない場合があるらしいので、予約を入れる前に教えてもらえるのか確認しておくようにしましょう。

【登録するとできること】

  • FastPass+の登録・変更
  • レストランの予約
  • マジックバンドのカスタマイズ
  • ホテルのオンラインチェックインなど

【6】レストランの予約

レストラン予約

My Disney Experienceの登録とが完了したので、次はレストランを予約していきます。

今回のWDW旅行は、食事も楽しみのひとつだったので、下調べで気になったレストランを何軒か予約することにしました。しかし、ここである問題が発生します。

それは、直営ホテル宿泊者の予約開始日(利用日の180日前)がだいぶ前に始まっていたので、1ヶ月前に旅行を手配した僕たちは、完全に出遅れていたのです。案の定、行きたいと思っていたレストラン全てが、どの日もどの時間も予約でいっぱいでした。

しかし、ここで諦めてはいけません。下調べの情報によると、レストラン予約はキャンセルが頻繁に発生するらしく、サイトを細かくチェックしていれば、空きが出て予約が取れるのだとか。そのため、根気は要りますが、1ヶ月を切ったタイミングでも、レストラン予約のチャンスはまだまだあるらしいのです。

とりあえず今回は、これ以上どうすることもできなかったので、実際にこの方法を試してみることに。

すると、何てことでしょう!!!

数日後にチェックしてみると本当に空きができてるではありませんか(驚)。そして、出発ぎりぎりの日には、WDW内で1番人気のビー・アワー・ゲスト・レストランまでも予約が取れます。

これにはふたりも大興奮。念願すぎて禿げるかと思いました(笑)。まぁそんなこんなで、結果的に約3週間かけて4軒のレストラン予約に成功!!ちょっと少ない気もしますが、レストランを予約すると行動が縛られてしまうので、今回はこれくらいに抑えました。

ちなみに、ミッキーネットを介して予約を入れると、宿泊分数のレストラン予約を代行してもらえるのですが、いちいち電話で連絡するのも面倒だったので、今回はWDWの公式HPから自分で予約を行いました。

レストランの予約作業は操作も簡単だし、何より暇な時間にすぐ空席確認や予約が取れるので、余裕がある人は自分で行うことをおすすめします。

【予約ができたレストラン】

  • ビー・アワー・ゲスト・レストラン(ランチ)
  • ビー・アワー・ゲスト・レストラン(ディナー)
  • タスカー・ハウス・レストラン
  • アケシュース・ロイヤルバンケット・ホール

【7】ファストパス・プラスの取得

ファストパスプラス

そして、レストラン予約と同時進行で行ったのが、ファストパス・プラスの取得です。それでは、まず始めにファストパス・プラスの簡単な説明から。

ファストパス・プラスとは

2013年秋にWDWでスタートした新しいファストパスのシステム。従来の希望アトラクションの前で発券するタイプから、インターネットで事前予約ができるデジタルなシステムに変わった。なお、直営ホテル宿泊者であれば60日前、それ以外のゲストは30日前より予約が可能となる。

つまり、これにより当日ファストパスを発券しに行く手間が省けたり、パークでの全体予定が立てやすくなったりするのです。そして、デジタルならではなのが、事前の変更やキャンセルはもちろんのこと、当日使えなかったファストパスを現地で変更することも可能なのです。

そのため、例え話で言うと、時間を過ぎてファストパスが無駄になってしまうことも無くなります。これを考えるとかなり便利なシステムですね。

というわけで、僕たちもこのファストパス・プラスを利用していきます。なお、こちらを利用することは、大体どの日にどのパークへ行くのかを決めることにもなるので、エクストラ・マジック・アワー(通常の営業時間より長くパークに滞在できるシステム)やレストランの予約状況を確認しながら、ファストパスを取得するようにしましょう。

ちなみに、僕たちは1ヶ月を切って利用したため、人気のアナ・エルサとのグリーティングだけは、取得したくてもできませんでした。残念。

【8】その他手配

手配

これらが終ったら、次にその他諸々を手配していきます。それでは各々詳しく説明していきますね。

【8-1】Magical Expressの予約

1つ目はMagical Expressの予約です。

今回の旅行は個人手配なので、パッケージツアーによくある空港からホテルまでの送迎がありません。そのため、自力でこちらを手配しなければいけないのですが、WDWでは直営ホテル宿泊者用にMagical Expressと呼ばれる無料送迎バスを用意しているので、今回はこちらを利用します。

なお、予約はミッキーネットが無料代行してくれるのでそちらにお願いをしました。

【8-2】メモリーメーカーの購入

2つ目はメモリーメーカーの購入です。

こちらは簡単に説明すると、パーク内にいるカメラマンが撮ってくれた写真をダウンロードできるサービスです。今回は一眼レフを持参しますが、他人にお願いするのが面倒だったり、アトラクション体験中の写真もダウンロードできるということで、こちらを注文することにしました。

【8-3】ホテルのオンラインチェックイン

3つ目はホテルのオンラインチェックインです。

WDWの直営ホテルは、当日のチェックインがスムーズになるよう、公式HPよりオンラインチェックインが可能です。また、部屋のリクエストを同時に出すことができるので、僕たちは1階バス停の近くのふたつのリクエストをして、オンラインチェックインを行いました。

【8-4】マジックバンドのカスタマイズ

4つ目はマジックバンドのカスタマイズです。

マジックバンドは、直営ホテル宿泊者に無料配布されますが、何も設定していないでいると、なんでもない灰色のマジックバンドになってしまいます。そのため、マジックバンドのカスタマイズができるWDWの公式サイト内で色と文字を変更しました。

マジックバンドとは

2013年秋にWDWで導入された魔法のような腕バンド。こちらひとつに、ホテルのルームキー・ファストパス・メモリーメーカー・カード決済などが集約されている。

【8-5】パスポートの申請

5つ目はパスポートの申請です。

今回は彼女のパスポートの有効期限だけが切れていたので、新しいものを申請しに行ってもらいました。これで彼女は向こう10年パスポートの申請は必要ありません。海外たくさん行こうね(誰)。

【8-6】ESTAの申請

6つ目はESTAの申請です。

僕は2年前に行ったアナハイムディズニーの時に申請しており、こちらの有効期限ギリギリ(2年間)だった関係で、今回は申請する必要がありません。ということで、こちらもパスポートを新しく作った彼女だけ申請しました。

ちなみに、ESTA申請は米国国土安全保障省のHPより行えます(1人14ドル)。中には有償で申請をしてくれる会社がありますが、こちらは法外な手数料を取られるので注意してください(下記が公式HP)。

【公式HP】米国国土安全保障省

【8-7】海外保険の申し込み

7つ目は海外保険の申し込みです。

海外旅行は何が起こるかわからないし、今回は特に日数の長い旅行だったので、念のため損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険を申し込みました。旅行中はこの海外保険にお世話にならないことを祈るばかりです。

【公式HP】損保ジャパン日本興亜

【8-8】海外用Wi-Fiの申し込み

8つ目は海外用Wi-Fiの申し込みです。

WDW内ではフリーWi-Fiが飛んでいますが、空港やバスの中を含めたあらゆる場所で、不自由なくネットを利用したかったので、海外用Wi-Fiルーターを申し込むことにしました。

結果的に言うと、かなりWi-Fiが不安定だったので持って行って大正解!!ストレスなくネットに繋げたい方は必須だと思います。ちなみに、今回利用したのは毎度お世話になっているグローバルWiFiです。利用するならここが安くておすすめです。

海外専用グローバルWiFi

【8-9】飛行機の座席指定

9つ目は飛行機の座席指定です。

今回は全てのフライトがアメリカン航空なので、その全てにおいて座席指定が可能です。そのため、アメリカン航空公式HPで早速座席を確保することに。出発が1ヶ月を切っていたので、最初は希望する通路側を確保できませんでしたが、細かくチェックしているとキャンセルが発生して、無事希望していた並び席、通路側、二人席を確保することができました。

【公式HP】アメリカン航空

【8-10】外貨両替

10つ目は外貨両替です。

WDW内はマジックバンドのカード決済機能の利用を考えていたので、現金はあまり持っていかないようにしようと決めていました。そのため、今回の旅行で両替したのは200ドル程です。一見少ないようにも見えますが、あっちで100ドル程しか使わなかったので、結局半分近く余らせる結果となりました。

手配したもの一覧
  1. Magical Expressの予約
  2. メモリーメーカーの購入
  3. ホテルのオンラインチェックイン
  4. マジックバンドのカスタマイズ
  5. パスポートの申請
  6. ESTAの申請
  7. 海外保険の申し込み
  8. 海外用Wi-Fiの申し込み
  9. 飛行機の座席指定
  10. 外貨両替

【9】荷物の準備(パッキング)

パッキング

最後に荷物の準備(パッキング)です。

とは言っても、基本的に持って行くものは、通常の海外旅行とほぼ変わらないので、詳しい持ち物については触れません。そのため、ここでは僕たちのパッキングにおけるポイントを紹介します。

【9-1】洋服は全日分持っていかない

僕たちわたあめカップルはディズニーでのペアルックが大好きなので、今回のWDW旅行でもそれを企んでいました。しかし、日本で販売されている洋服だと、気に入った洋服が全日分集められなかったので、残りの分はたくさんの洋服が販売している現地WDWで調達することに。

そのため、往路で持参したのは6日分くらいの洋服。結構かけでしたが、結局たくさんの洋服があって満足した服を購入することが出来ました。作戦大成功!!!

【9-2】飲食料を持っていく

前回行ったアナハイムのディズニーは5泊でしたが、食が合わなかったことが原因と思われる謎の体調不良を起こしていました。しかし、今回はその時と比べると約倍の日程です。

となると、同じことが起こる可能性がかなり高かったので、日ごろから慣れ親しんでいる味噌汁、パックご飯、麦茶、お茶、カップそばなどの日本食品を持参することにしました。

【9-3】電気ケトルを持ってい

今回宿泊するアリエル棟は、フードコートまでかなりの距離があります。そうなると、麦茶やお茶を作るのに必要なお湯を、毎回時間をかけて取りに行かなければいけません。

疲れていない時ならそんな苦ではありませんが、朝の時間や疲れて帰ってきた時にはかなりの重労働になると思ったので、今回は旅行用の電気ケトルを持参することにしました。

【9-4】捨てるものは捨てる

宿泊数の関係から往路だけでも大量の荷物があったので、復路になるとお土産などで荷物が増えてしまい、パッキングできなくなる可能性が出発前から予想が出来ました。

そうなると、お土産類を我慢しなければいけないのですが、今回はその選択肢は頭に無かったので、その対策として現地に捨てる前提で持ち込むものを事前に決めておきました。例を挙げると、お気に入りではなく捨ててもよいような部屋着を持っていくなどです。

というわけで、僕たちのパッキングにおけるポイントは以上です。その他、持って行ったアイテムは、時間があれば別の記事で紹介したいと思います。

まとめ

全体的にもっと詳しく説明したかったのですが、ダラダラ書き出すと止まらない性格なので、今回はこの辺でやめておこうと思います。

では、2記事に渡って長ったらしく説明したので、最後に確認の意味を込めてまとめを載せておきます。

当日までに行った9のこと
  1. WDWについての下調べ
  2. 旅行の日程を決める
  3. 宿泊するホテルを決める
  4. 旅の手配
  5. My Disney Experienceの登録
  6. レストランの予約
  7. ファストパス・プラスの登録
  8. その他手配
  9. 荷物の準備(パッキング)

次回記事の予告

というわけで、今回は手配関連を中心とした、旅行の準備部分後半編をお送りしました。そして、次の記事はいよいよ当日編となる、こんなことある?ハプニングだらけのWDW出発日【前編】になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事