旅行

探検家の衣装に感動!タスカー・ハウス・レストランでのランチ

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

さて、前回の記事では、アニマルキングダムのグリーティングについてを書かせていただいたので、今回は前回飛ばした部分からランチで行ったタスカー・ハウス・レストランまでお届けします。

【WDW旅行記2015の目次はこちら】

ダイノランドUSAを満喫する

ダイノランドUSA

デイジーとのグリーティングを終えたふたりは、恐竜をテーマにしたエリア『ダイノランドUSA』にやってきました。ここでの目的は、FastPass+を取得していたダイナソーに乗ることでしたが、アトラクションの前に来たところでまさかの一時メンテナンス(笑)。

これはなかなかツイてない最悪のパターンです。

FastPass+

すると、WDWより一通のメールが届きました。

どうやら、メンテナンスになった情報がMy Disney Experienceと連動して、その時間にFastPass+を取得していた人にメールが届くようになっているらしい。どんだけ最先端なんだ(驚)。

早速メールを読んでみると、利用できなかったこのFastPass+は、リストにある別のアトラクションで再利用ができるとのこと。しかも、特別な手続きは一切無しで、利用したいアトラクションに行って、マジックバンドをそのままかざせばOKらしい。

これは普通に凄過ぎる!!!

これからWDWへ行く人は、こういった場面があるかもしれないので是非覚えておきましょう。

というわけで、突然暇人になったふたりは、せっかくダイノランドUSAに来たので、ちょっぴりをこのエリアを徘徊してみることにしました。

チェスター&ヘスターズ・ディノラマ

そして、やってきたのがチェスター&ヘスターズ・ディノラマという遊園地風のミニテーマランド。ここはビックリするくらいディズニー感がありません(笑)。

チェスター&ヘスターズ・ディノラマ

このミニゲームとかやばくないですか?

日本の遊園地にも普通にありそうだし。しかも、上に付いているカラフルなぬいぐるみが景品っぽいんですが、もはやキャラクターの名前はおろか、何の生き物かもわからないという(笑)。

何でこんなエリアがディズニーパークにあるのか疑問になったんですが、たくさんの子供がワイワイしていたので、その年齢層をターゲットにしたエリアっぽいです。

プライミーバル・ウィール

そんなエリアで僕達が目をつけたのが、プライミーバル・ウィールというミニコースタータイプのアトラクション。絶叫系が好きなので早速チャレンジ!!!

プライミーバル・ウィール

乗ってみると乗り物のガタガタ音が脳内に恐怖を植え付け、体を投げ出されるような感覚になるヘアピンカーブが連続的にやってきて、コース途中からライドが回転して更に怖さが増すなど、見かけ以上にスリルがあってとても面白かったです。

好き嫌いが別れると思うけど、個人的にスリルがあっておすすめしたいアトラクションでした。

大人気のダイナソーを体験

ダイナソー

存分に楽しんだのでエリアから出ようとすると、運良くダイナソーが復旧していました。

しかも、メンテナンス明けで、待ち時間も10分という短さ。なので、FastPass+はここでは使わずスタンバイで列に並ぶことにしました。

ダイナソー

建物内に入ると、恐竜に関する展示物や資料がいっぱい!!まぁ、記載されているのが英語だから、ほとんど理解できないんだけどね(笑)。

ダイナソー

そして、更に部屋を進んでいくと巨大な恐竜の化石がお出迎え!!!

多分レプリカだろうけどこの迫力はハンパ無い!!!というか、この写真めっちゃよく撮れてない?我ながら褒めてやりたいぐらいです(笑)。

この部屋を抜けたら、アトラクションのストーリーを紹介するビデオを見せられ(もちろん英語なので理解できず)、それが終ったら乗り場のあるエリアに通されます。そして、順番が回ってきたところで、いよいよダイナソーのスタートです!!!!

ガイドブックにあったストーリー

およそ6500万年前の白亜紀、巨大隕石の衝突によって絶滅した恐竜のイグアノドンを救うために、タイムマシンで太古へタイムスリップ。無事に救い出せるのか!?

ダイナソー

体験した感想ですが、初ものということでそこそこ楽しめました。

ただ、ディズニーシーにあるインディ・ジョーンズ・アドベンチャーに似てたので、アトラクションの新鮮味が無く、もう一回乗りたいとは正直思わなかったです(笑)。まぁでも、僕の彼女はめちゃくちゃ楽しんでいたので人それぞれなのかな。

ダイナソー

ということで、ダイナソーはこれにて終了。ふたりはこの後、ドナルドとグリーティングして、次の目的地であるアフリカエリアと向かいました。

見なきゃ損!フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

次なる目的地はフェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング。アニマルキングダムの目玉のひとつで、映画『ライオン・キング』をテーマにしたショーが行われます。

こちらは彼女が楽しみにしていたので、日本にいる感覚で少し早めに並ぶことに。ただ、早過ぎたのか誰も並んでないという。まぁ50分前に来たらそうなるわな(笑)。

しかも今回は、良い席で見たいということから、先ほど使わなかったFastPass+を使うつもりだったので、余計来るのが早かったと思われます。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

あいにく1番前に堂々と並ぶ勇気は持ち合わせていなかったので、最初のゲストが並ぶまでとりあえず周辺をプラプラ(笑)。そして、最初のゲストが並んだタイミングで僕達も列に並び、数十分待っていよいよ施設の中に入りました。

だいぶ早く並んだので、前から2列目のベストポジションをゲット!!本当は最前列が良かったんだけど、そこは車椅子利用者専用の席らしく座れませんでした。うーん残念。

ちなみに、客席は中央のステージを取り囲むように4面あり、会場自体も結構広いので収容できる人数はかなり多かったです。そのため、開演時間ギリギリでも座れる場所は比較的多かったので、席を気にしない人であればその時間帯に来ても大丈夫そうです。

それでは、いよいよフェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キングのスタートです。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

公演前は劇団四季のような演目をイメージしていましたが、実際は歌手役の人が歌を歌ったり、パフォーマーがファイヤーダンスやトランポリンなどを披露したりする、シルク・ドゥ・ソレイユのような演目でした(見たこと無いけど)。

その他にも、ライオンキングでお馴染みのキャラクターが登場したり、ゲスト全員も動物の鳴き声で参加する場面があるので見所がたくさん。全ての演目のクオリティーが高過ぎるので、本当にやばいショーでした。特に、生歌は鳥肌もの。そのせいで、普通に見入ってしまい、写真を撮り忘れちゃたという(笑)。それくらい自分の中でも楽しめたショーでした。

ということで、30分程の公演があっという間に終了!!ここはマジでおすすめなので、アニマルキングに行く予定のある方は、是非足を運んでみてください。

タスカー・ハウス・レストランに到着

タスカー・ハウス・レストラン

ショーが終った後は、同じアフリカエリアにあるタスカー・ハウス・レストランへ。

こちらはサファリルックのキャラとグリーティングが出来る、ビュッフェタイプの人気のレストランです。なので、今回は日本で事前予約をしていました。

それでは早速、楽しみにしていたタスカー・ハウス・レストランへ!!!

レストランに到着すると、まず外にある受付で予約の確認します。そしたら、呼び出しブザーを渡され、建物の入り口があるエリアに通され、自分達のブザーが鳴るまでしばし待機。ちなみに、以前まではここでドナルドとの写真撮影があったようですが、今はそれがなくなってしまったようでした。

タスカー・ハウス・レストラン

一応、以前ドナルドとの撮影をしていた場所に、フォトパスカメラマンがいて写真は撮ってくれますが、後から確認してみるとこのありさま(笑)。ドナルドがいないと面白みの無い写真になるので、撮る価値はほぼ無いに等しいですね。

そして、数分待ったところでいよいよ店内へとご案内。

タスカー・ハウス・レストラン

僕達が案内されたのは路側の席。

広々としていて内装もアフリカンで雰囲気抜群なんですが、それよりも気になったのが子連れゲストの多さ。お国柄なのでしょうか、カップルでこのお店に来ているのは、僕たち含めて数組しかいませんでした。海外の大人達はグリーティングには興味ないのかな?

タスカー・ハウス・レストラン

そして、ドリンクを注文した後、早速食べ物が並ぶビュッフェコーナーへ。

このエリアは画像でも見て分かるように、カメラに写りきらないほどの広さがあります。しかも、天井もかなり高い。まぁ、俗に言う無駄に広いってやつですね(笑)。

ただ、天井にある布の飾り付けや22階のインテリアなどは、雰囲気が出ててとにかく素晴らしい。アメリカとはまた違う、別の異国に来ているかのような気分になります。

そんなエリアに並ぶのはアフリカ料理。エリアの大きさに比例して種類もたくさん。また、一部にアメリカ料理もありました(笑)。この辺は流石ですね。

サファリルックのキャラクターが登場

デイジー

料理をたくさん取って席に着くと、最初のキャラクターであるデイジーがすぐ近くまで来ていました。危ない危ない(汗)。そして、僕達の席に来たところで早速写真撮影へ。

胸から下は写ってないけど、スカーフを巻いたりとてもキュートな衣装でした。

ちなみに、このレストランはゲスト自身で撮影を行うスタイルなので、「写真を撮ろうか?」とキャストの方から言われることは基本的にありません。ただ、近くのキャストにお願いをすれば、キャラクターを入れたスリーショット撮影が行えるので、そうしたい場合は遠慮なく言いましょう。

グーフィー

そして、次にやってきたのはグーフィー!!

イケてる衣装なんだけど、身長が大きいし、帽子を深く被ってるし、お鼻が邪魔しちゃってるしで、顔面がちゃんと写っていないという(笑)。ある程度高い位置から写真撮らないとダメですね。

ミッキー

お次はミッキーマウス!!!

数時間前に会って写真を撮った探検家姿もかっこ良かったけど、こちらの衣装もなかなかイケてるし似合ってる!!にしても、カメラ慣れしている完璧な表情。情けない顔をしている僕とは酷い差!!憎たらしいぜ、この色男。

ドナルド

そして、最後にやってきたのがドナルド。

ここでやってきたドナルドは、他のキャラクターに比べてやたらテンションが高くて普通にビックリ(笑)。そんな中、スリーショットで撮影したいって伝えたら、自分から率先してキャストを呼んでくれるという、謎のギャップを見せてくれました。自分が女だったら完全に恋に落ちてたな(笑)。

デイジー

一応全部のキャラクターに会った後も、タイミングが会えばこのようにまたキャラクターが会いに来てくれます。一回目よりは激しい絡みは無いんだけど(笑)。まぁ、それでも上記画像のように、子供のような大はしゃぎできちゃう絡みはできます(笑)。

それと個別のグリーティングとは別に、一定の時間帯になると子供のゲストを交えたダンスタイムがあります。僕達は立派な大人なので見ているだけでしたが、子供達がマラカスのような楽器を渡されて、音楽と一緒にキャラクターと行進をしていました。

そんな感じで、タスカー・ハウス・レストランでの楽しい日々は終わりを告げました。

タスカー・ハウス・レストラン

タスカー・ハウス・レストランの感想ですが、ここだけの衣装のキャラクターと会えるのは非常に価値があると思います。なので、WDWに来るくらいディズニーが好きであれば、絶対に一度は足を運ぶべき場所と言えるでしょう。

ただし、たーだーしっ、料理はあまり期待しない方がいいかも(笑)。不味いわけじゃないんだけど、味付けが独特なものがいくつかあり口に合わない事もしばしば。

なので、その辺を気をつけて料理を選ぶことをおすすめします。

次回記事の予告

というわけで、今回はダイノランドUSAからタスカー・ハウス・レストランまでをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる絶叫レベルMAX!エクスペディション・エベレストに初挑戦になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事