旅行

見ないと帰れない!衝撃的過ぎるハリウッド・スタジオのショー達

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

さて、前回の記事では、ピザプラネットでのランチまでを書かせていただいたので、今回はその続きであるハリウッドスタジオのハイクオリティーなショー達についてをお届けします。

【WDW旅行記2015の目次はこちら】

大迫力「エクストリーム・スタントショー」

エクストリーム・スタントショー

ランチを食べて元気いっぱいになったふたりは、FastPass+を取得していたエクストリーム・スタントショーを見に行くことに。こちらはカーアクション中心の映画の撮影現場を見学できるショーとなっています。

なお、会場はランチをしたピザ・プラネットと同じストリーツ・オブ・アメリカ。パーク全体で見ると、ハリウッド・スタジオの入り口から一番遠い場所にあります。

入り口に到着すると既に長い行列が。どうやらかなり人気の高いショーのようです。僕達はそんな長い行列を横目に、FastPass+専用レーンから会場内へ。ドキドキ。

しばらく歩いて会場に到着したのですが、そこはとんでもない場所でした。

エクストリーム・スタントショー

会場が異常にでかい!!!!

入り口から会場まで結構歩かされたので予想はしていたんですが、ショー会場がとにかくでかいんです。それに伴って観覧席もでかい。サッカースタジアムのような造りで、日本に帰って調べてみると会場の収容人数はなんと5000人!!!規格外過ぎて草(笑)。

そんな中、僕達は中央寄りの前列の席を確保。先に席の感想を言うと、前列ということもあり大迫力でショーを楽しめました。なので、個人的にはおすすめなポジションです。

さてさて、肝心のショーの内容はと言うと、、。

エクストリーム・スタントショー

想像以上に楽しかった!!!!

何が楽しかったって、スタント内容がとにかくハンパ無い。カーチェイス、ドリフトシーン、人が火だるまになるスタント、水上バイク、バイクで壁を突き抜けるスタント、車の大ジャンプ、火の中に車が飛び込む、どれも規格外のスタントとなっていました。

「これぞハリウッド・スタジオ!!」という大迫力のショーなので、これは見ないと完全に損。

なので、1日数回の公演のタイミングを見計らって足を運んでください。5000席もあるのでギリギリに入場しても大丈夫です。

ライトニング・マックィーン

あ、そういえば、途中で映画『カーズ』に登場した、ライトニング・マックィーンやシェリフも出演していました。実際に走る姿も見れるのでこちらも必見です。

2016年4月にエクストリーム・スタントショーはクローズしました

「フローズン・シング・アロング・セレブレーション」

フローズン・シング・アロング・セレブレーション

次にやってきたのは、エクストリーム・スタントショーのすぐ近くにあるフローズン・シング・アロング・セレブレーション。こちらはその名の通り、映画『アナと雪の女王』をテーマにしたショーとなっています。

現在は場所が変わってエコーレイクにあります

早速中に入ると、開始時間ギリギリに入ったこともあり大混雑。そのため、僕達が席を取れたのは最後列の近く。トホホ。こちらアメリカでもアナ雪は人気のようですね。

そして、席に着いてすぐにショーがスタートしました。

フローズン・シング・アロング・セレブレーション フローズン・シング・アロング・セレブレーション フローズン・シング・アロング・セレブレーション

ショーの内容は、アナとエルサが暮らす街アレンデール王国の歴史家ふたりが、映画『アナと雪の女王』のストーリーを映像と共に紹介していくというもの。

ただ、このショーはこれだけでは無く、なんと劇中歌のシーンになると映像に歌詞の字幕が現れて、ゲスト全員で歌うというシステムになっています(笑)。

日本では考えられない、なんともアメリカらしいショーですね。

フローズン・シング・アロング・セレブレーション

ショーを観た感想ですが、内容的に子供向けのショーっぽく感じました(笑)。

ただ、途中アナ、エルサ、クリストフ言った人気キャラクターが登場するので、大人な僕たちとしてはそれが見れただけでも十分満足。行く価値があったかなぁと思います。

あ、僕達は一切理解できなかったですが、歴史家ふたりがオモシロおかしく進行させていくので、会場は終始盛り上がりっぱなしでした。

なので、英語力があるともしかしたら面白さが倍増するのかもしれません。

見なきゃ大損!!本場アメリカの「ファンタズミック!」

ファンタズミック!

フローズン・シング・アロング・セレブレーションを見終えた後は、ハリウッド・スタジオの大人気ショーであるファンタズミック!へと向かいます。

こちらは東京ディズニーシーでも行われているので、ご存知の方も多いことでしょう。ただ、WDWのファンタズミックは、専用の会場が用意されており内容もスケールも人気も一味違うという噂。そうと聞けば、楽しみになら無いわけはありません。

なのでふたりは、少しでも良い席をゲットする為にFastPass+を取得して、会場の入り口も事前にチェック!!!ショー開始の75分前に会場入口へとやってきました(笑)。

ファンタズミック!

こちらが会場へ向かう入り口。

場所で言うと、先日の記事で紹介したトワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーのすぐ近く。この画像では見難いですが、HOLLYWOOD HILLSと書かれているアーチが上にあるのが特徴です。

ファンタズミック!

入り口を進んでいくと、横に並んだキャストさん達が見えてきます。

遠くから見た時は謎でしたが、近くで見たらFastPass+を読み取る係りの人達でした。て言うか、これだけ人が待機しているってことは、それだけ人が来て混雑するってことだよね。これだけでもショーのスケールの大きさを感じます(汗)。

あ、画像は取り忘れましたが、この画面の右側で多くの人が並んでいました。おそらくその人達は、FastPass+を持っていないゲスト達。なので、FastPass+を持たないで良い席を取りたい場合は、これくらいの時間から並び始めた方が良いかと思います。

そして、FastPass+ゲートを無事クリアして道なりを進んでいくと、ファンタズミックが行われる専用の会場が見えてきました。

「ファンタズミック!」の会場について

ファンタズミック!

ショーが行われるのは、こちらの大きな岩山が特徴のステージ。

写真だと小さく見えるかもしれませんが、そんなことはなく非常に大きなステージとなっています。というか、この岩山をどういかしてショーを繰り広げるのでしょうか。かなり気になるところです。

そして、僕達ゲストが座る観客席はこんな感じ。

ファンタズミック! ファンタズミック!

うーん、なんともまぁ観客席が多いこと。専用会場と言うこともあり、観客席も本当にスケールが大きいですね(汗)。流石です、アメリカさん。

なお、観客席は全部で10ブロックあり、、それぞれにミッキー、ジャファー、マレフィセントと言ったキャラクターの名前が付けられています。僕達はその中から比較的中央のポカホンタスを選び、既に来ていた人が多く集まっていた13列目を確保しました。

ちなみに、画像2枚目で見える緑のロープ内は、有料のディナーパッケージ専用席となっています。こちらはステージの真ん中に位置している観客席の中でも最高の席。

ですが、有料ともあってか、ショー開始ギリギリでも簡単に席を確保することができるので、時間を有効に使いたい方はこのディナーパッケージを利用してみると良いでしょう。

ファンタズミック!

さぁそして、さっきまでガラガラだった会場は少し経つだけでこの盛り上がりよう。

ショー開始時間が近づくにつれ、本当に多くの人が集まってきました(驚)。更に時間が経つと会場はほぼ満員状態。こ、これは凄い。

そして、会場が満員近くになったところで、それを待っていたかのようにファンタズミックが遂にスタートしました。なお、ショー内容は全てを見せてしまうとこれから行く方の楽しみが少なくなってしまうと思うので、ダイジェスト的な感じでお送りしようと思います。

「ファンタズミック!」で思わず感動

ファンタズミック!

ファンタズミックのテーマ曲と共にミッキーが登場

ファンタズミック!

ステージに動物、フロートにラフィキが乗って登場

ファンタズミック!

ウォーターシールドにディズニー映画のワンシーンが映し出される

ファンタズミック!

途中、ポカホンタスが登場するシーンも

ファンタズミック!

美女と野獣などのヒロイン達もフロートに乗って登場

ファンタズミック!

もちろんヴィランズが登場するシーンも

ファンタズミック!

マレフィセントがドラゴンに変身

ファンタズミック!

ミッキーが登場してドラゴンを光の剣でやっつける

ファンタズミック!

エンディングでは蒸気船ウイリーに乗って色々なキャラクターが登場

ファンタズミック!

フィナーレ!!

どうです?やばくないですか??

東京ディズニーシーとアナハイムのファンタズミックを見てきましたが、専用ステージと言うことでスケールも何もかもが圧倒的に感じました。特にラストの花火部分やウォーターシールドのシーン。これは迫力が物凄い。

一個人の感想ですが、本当のエンターテインメントを見たという風に感じました。

席の感想ですが、中段の全体を眺められる席だったので、初めて観賞する僕たちにとっては最高の席だったのではないかと思います。ただ、少し残念だったのが、ステージから離れていてミッキーが若干遠かったこと。

持参したカメラでは到底届かない距離だったので(最大70mm)、撮った写真のミッキーが小さいこと小さいこと(笑)。なので、次回は見る時は、前列で見ようということになりました。

さて、その判断は正しかったのでしょうか。実際に後日前列で観賞したので、体験した日の記事でその部分についてを触れたいと思います。それまでお楽しみに(笑)。

あ、ちなみにファンタズミック観賞後の愛里ですが、、、。

ファンタズミック!

ご覧の通り、見事感動して涙いていました(笑)

もう、鼻まで赤くしちゃって。お前は子供かっ!!!!本当可愛いやつです。

さぁそして、ファンタズミックを見た後は疲れも溜まっていたので、ショップを軽く覗いてちょくちょく物を買ってホテルへと戻りました。にしても、身体の疲労感ハンパ無い。ヘルプミーーー。

【別日のファンタズミックレポートはこちら】

次回記事の予告

というわけで、今回はエクストリーム・スタントショーからその日の終わりまでをお送りしました。そして次の記事は、5日目に行ったエプコット編のこれまじ?エプコットのゲストリレーションで神サービスを受けたになります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事