旅行

大満喫!マジックキングダムのキャラクターグリーティング

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

さて、前回の記事では、七人のこびとのマイントレインまでを書かせていただいたので、今回はその続きであるマジックキングダムでのグリーティングについてをお届けします。

【WDW旅行記2015の目次はこちら】

わけのわからない行動を連発した「ディー&ダム」

ラプンツェルエリア

七人のこびとのマイントレインの後は、塔の上のラプンツェルのエリアに移動してしばし休憩。

そして、身体が休まったところで、次の目的地であるキャラクターグリーティングへと目指します。ただ、そちらを紹介する前に、時計の針を朝まで巻き戻します。

一応、過去の2記事で8日目の朝から夕方までを紹介しましたが、実はその合間を縫ってキャラクターグリーティングも行っていました。なので、この記事では次の目的地と合わせて、今日行ったキャラクターグリーティングをこの記事でまとめて紹介していきます。

ディー&ダム

まず始めに紹介するのは、朝に出会ったこのキャラクター!!

そう映画『不思議の国のアリス』に登場した双子のディーとダムです。3組くらいしか並んでいなかったので、急遽立ち寄ったこのグリーティングですが、本当にわけのわからない内容でした(笑)。

では、そのわけのわかならいグリーティングの模様をダイジェストでお見せします。

ディー&ダム

まずはサイン帳をディーに預けてダムとふたり同時に握手。

ディー&ダム

すると、手を離した瞬間、突然愛里の頭を掴み頭皮のニオイをかぎ始める。

ディー&ダム

その後はひとりで大爆笑。普通に狂っている(笑)。

なお、愛里はチョットー的な反応。それを見た僕はただただ驚く。そして、彼は凄い性癖の持ち主だと心の中で思う(笑)。

ディー&ダム

お次はサインをしていたディーの順番。まずは僕と右手で握手。

ディー&ダム

すると、ディーは僕との握手を続けながら、愛里と左手で握手をし始める。

もうこの時点でだいぶよくわからない(笑)。

ディー&ダム

ただ、ディーはこれだけでは終わらず、ふたりも手をつないでと指示をしてきて、その結果、意味不明な三角関係が出来上がった。今でも思う、これは一体なんだったのだろう。

そして彼は何をしたかったのだろう(笑)

最後は4人での記念撮影なんですが、ディーとダムの暴走はまだまだ続きます。

ディー&ダム

「はい、写真を撮るよ!!」ってなった瞬間、タイミング良く後ろを向くふたり。

息の合い具合から見て、これは彼らの鉄板ネタなのだろう(笑)。

ディー&ダム

そして、その件も終わって今度こそちゃんと撮ってくれると思ったら、今度はダムが後ろからこっそり手を回してきて、僕の耳をくすぐってくる大技を繰り出してくるという。

こんなの絶対日本じゃありえない(笑)。

で、結局ちゃんとしたショットを撮ることは無くこのまま終了。終始彼らペースのわけのわからないグリーティングでした(笑)。まぁでも、面白かったから良しとしよう。

初めてグリーティングをしたティアナ

ティアナ

そして、時間を飛ばしてお昼過ぎに会ったのがこのキャラクター。映画『プリンセスと魔法のキス』で登場したディズニープリンセスのひとりであるティアナです。

日本ではパレードなどで登場しないのであまり知られていませんが、WDWでは露出のあるキャラクターで人気も結構あります。特に、初のアフリカ系アメリカ人のプリンセスということで、黒人の女の子がコスプレなどをよくしていました。

では、そんなティアナとのグリーティングについてを紹介していきます。

ティアナ

ティアナと会えるのは、リバティースクエアの裏手にあるガゼボ。分かりにくい場所なんですがそこそこ人が並んでいて、待ち時間はちょっと長めの20分くらいでした。

「まずはサインから」と思って、ティアナにサイン帳を手渡すんですが、愛里はそれを制止していきなりのハグ!!大胆な歓迎方法に愛里もとっても嬉しそう。

ティアナ

ハグの後はサインを書きながら談笑タイム。

話し初めてすぐに、愛里が全然英語が出来ないのがわかったらしく、ゆっくりなスピードで丁寧と話してくれました。こういうさりげない所に気を使ってくれる辺りがとっても素敵ですね。

ティアナ

そして、談笑が終わったら最後にツーショットを撮ってフィニッシュ。

グリーティングの時間は極端に短かったですが(笑)、日本では会えないフェイスキャラクター、しかもディズニープリンセスなので、愛里は大満足でこのグリーティング施設を後にしました。

愉快で会話の弾んだメリダ

メリダ

そして、ここからが前回記事の続き。

七人のこびとのマイントレインの次にやってきたのは、映画『メリダとおそろしの森』で登場したメリダのグリーティング施設です。

そう言えば、メリダも日本では会うことができないフェイスキャラクターですね。知名度で言うと、元AKB48の大島優子さんが声優を務めたとかで話題になっていたから、ティアナよりは若干ありそうですが、実際のところはどうなんでしょうか。

まぁ、そんな話は置いておいて、早速メリダとのグリーティングについて紹介します。

メリダ

メリダと会えるのは、ファンタジーランドの一角にあるフェアリーテール・ガーデン。

ふたりは早速そのメリダ専用のグリーティング施設に向かったわけですが、到着してみるとまさかの大行列(汗)。大勢の人達がそこに並んでいました。

まぁでも、ここで逃したらこの旅行中に会えるかわからなかったので、意を決して列に並ぶことに。そして、結果的に約45分待って、遂に僕達の順番が回っていました。

メリダ

「ハァーーーーイ!!!」

長い時間待ったからだろうか、会えた時の嬉しさが爆発して、かなりハイテンションな挨拶でスタートさせた愛里(笑)。後ろに写っている、スカート姿のおじいちゃんキャストが若干気になるところですが、そんなことは置いておいて、メリダはこのハイテンションな愛里に付いて行けるのか?

メリダ

そう思ってメリダの方を見てみると、それ以上とも言えるハイテンションでメリダは愛里を迎えてくれていました(笑)。意外すぎる反応にビックリしちゃったんですが、愛里とメリダはこれで心が通じ合ったらしく、、、。

メリダ

そのままの勢いでハグをしていました!!!

しかもめっちゃ力強い感じで。久しぶりの再会だったんですかねぇ(笑)。ていうか、この画像だけ見ると、愛里よりもメリダが嬉しがっているように見えてしまいます。それにしても、ここまでだけで伝わるメリダの優しさ、、。もうハンパないっす!!!

メリダ

そして、いつもは苦手であまり盛り上がらないトークも、このハイテンション化しているメリダのお陰でめちゃくちゃ楽しむことができました。

一番心に残っているのは、日本から来たんだ!とメリダに伝えた時のこと。メリダは最初、「へーそうなんだ!」と普通の反応をしたんですが、「泳いで?」とすかさずジョークをかましてきました。なかなかのギャグ線の高さにふたりで爆笑。それを見てメリダも一緒に大爆笑してくれていました。

まぁ、そんな感じで、メリダとのトークはとてもとても楽しかったです。

メリダ

そして、僕を入れた3人での集合写真を撮ってグリーティングは終了。

メリダと別れる時は寂しい気分になりかけましたが、「気をつけてね!泳いで帰るの!!」と最後にもジョークをかましてくれたので、ふたりは笑顔でこのグリーティング施設を後にしました。

ちなみに、このグリーティングをするまでは、映画を含めメリダのことはそこまで好きではなかったのですが、これをきっかけに愛里はメリダのことが好きになって、日本に帰国してから速攻メリダとおそろしの森のブルーレイを購入していました(笑)。

最後にとんでもないことをやらかしたプーさん&ティガー

プーさん&ティガー

メリダのグリーティングを出て歩いていると、並走して歩くディズニーキャラクターを発見!!

この子たちはみんなもご存知でしょう、くまのプーさんとティガーのふたりです。どうやら、自分達のグリーティング施設に向かって歩いているようだったので、何かの縁だと思ってそちらの列に並ぶことにしました。

ちなみに、ふたりに会えるのは、ファンタジーランドにあるアトラクションのプーさんの冒険に併設されている施設です。到着した時点で既に並んでいる人が結構いて、結局15分ほど待って僕達の順番が回ってきました。

プーさん&ティガー

まずは愛里がサイン帳を差し出しティガーがサイン!!

ティガーがサインを書く時は、プルートと一緒でとにかく位置が高い(笑)。僕はこれが面白くてたまらないので、それをジーッと観察していたのですが、その傍らで愛里はプーさんと、、、。

プーさん&ティガー

鼻キスしてました!!!

でもこれよく見てください。プーさんは鼻でしていないんですよ(笑)。正確に言うと鼻と口の間、いわゆる人中と愛里はキスをしているんです。はい、残念でした(´_ゝ`)

そして、次にプーさんにサインを書いてもらい、4人の集合写真を撮ってグリーティングは終了!!となるんですが、この集合写真を撮っている時に、前代未聞のとんでもない事件が発生します。

何が起きたのかと言うと、、、。

プーさん&ティガー

「ゲッ!!!」

なんと、愛里の右耳の方から、聞こえてはいけないゲップのような音が聞こえてきたのです(爆笑)。愛里はまさかと思ったらしいけど、やった直後からティガーの様子がおかしくなったので、それを見て愛里はティガーがやらかしたと確信(笑)。

しかも、僕達のグリーティングが終わった後、すぐさま近くにいたキャストにコショコショ話をし始めて、その話を聞いたキャストが大爆笑をしていたのも愛里が目撃(笑)。僕は後から聞かされたのでそのシーンは見ていないんですが、これは完全に黒ですね。

正直、これが印象に残り過ぎてて、それ以外のことは思い出せなかったので、このグリーティングについては以上とさせていただきます(笑)。

次回記事の予告

というわけで、今回はマジックキングダムのグリーティングについてをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる小ネタ!最後に爆笑が待っていたカントリーベア・ジャンボリーになります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事