旅行

これでラスト!この旅行で最後となるハリウッドスタジオを満喫

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。

さて、前回の記事では、アラジン&ジャスミンとのグリーティングからダッフィーグリーティングまでを書かせていただいたので、今回はその続きであるWDW旅行でラストとなるハリウッド・スタジオとエプコットについてをお届けします。

【WDW旅行記2015の目次はこちら】

ボートに乗ってハリウッド・スタジオへ

インターナショナル・ゲートウェイ

さて、前回の記事では、フランス館とイギリス館の間にあるインターナショナル・ゲートウェイに到着した場面までを紹介させていただきました。では、こちらは一体どんな場所なのでしょう。

一応上記画像がその場所になるのですが、これを見て皆さんは何だかわかりますか?

実はこれ、エプコットにある2つ目の入場ゲートなんです。東京ディズニーシーにもメインとは別の入場ゲートがあるけど、それとは比べ物にならないくらい本格的な作りとなっています。

フレンドシップ

そんなインターナショナル・ゲートウェイに来たふたりですが、当然このゲートを見に来たのが目的ではありません(笑)。ここへ来た真の目的は、この場所の目の前から出ているボートに乗って、別のパークであるハリウッド・スタジオへ行くことです。

これまでは1日1パークと決めて集中的に遊んでいましたが、どうしてももう一度ハリウッド・スタジオに行きたいというふたりの意見があったので、この日は初の試みであるパークホップ(1日で別のパークへ行くこと)をしようと2日前くらいに決め、どうせならと思い、これまた初挑戦であるボート使っての移動を試みることにしました。

というわけで、ふたりはハリウッド・スタジオへ向かうボートの列に並びます。

フレンドシップ

そして、10十分くらい待ってボートがやってきました。

今回乗船するのはこちらの中型ボートで、フレンドシップという名前だ言うそうです。見た目的にかなり小さい感じがしますが、僕達が乗った時はそこまでお客さんがいなかったので、これで十分な大きさなのだと思います。

それでは、こちらの中型ボートに乗って早速移動開始!!!

フレンドシップ

ボートが動き出して少し経つと、何やら素敵なエリアが見えてきました。

こちらはエプコットとハリウッドスタジオの間にある、ディズニー・ボードウォークというエンターテインメントエリア。以前紹介した、ディズニースプリングスの小さい版みたいなエリアで、いくつかのレストランやショップなどが立ち並んでいます。

フレンドシップ

で、どうやらこのボートは、そのディズニー・ボードウォークに行く用でもあるらしく、途中そのエリア内にある駅に立ち寄りました。エプコットから乗って来たゲストの大半はここで降りたので、直でハリウッド・スタジオに行く用として利用している人はほとんどいません(笑)。

ちなみに、この周りにはホテルもあってそちらへもボートは立ち寄ります。そのため、エプコットからハリウッド・スタジオに到着するまで、大体30分ぐらいかかりました。

ボートが来るまでの時間を入れるとかなりのタイムロスなので、スピード重視の方はバス移動を絶対的におすすめします(笑)。

ということで、ふたりは3度目となるハリウッド・スタジオにやってきました。

ハリウッドスタジオの絶叫アトラクションを体験

ロックンローラー・コースター

ハリウッド・スタジオに到着したのは15時30分頃。

この時間帯だとアトラクションの待ち時間が非常に長そうですが、僕達にはある作戦がありました。それはFastPass+を利用することです。普通過ぎる作戦ですが、これには理由があります。

実は事前に3つまで取得が出来るFastPass+は、パークをまたがって取得することができません。そのため、混雑する時間に行くハリウッド・スタジオでFastPass+を利用するために、僕達はエプコットでは全てスタンバイでアトラクションを体験していました。

ということで、僕達はFastPass+を取得していた大好きなアトラクションのロックンローラー・コースターへとやってきました。待ち時間は50分くらいだったので作戦は大成功!!!

ロックンローラー・コースター

ビューーーン!!

この旅行で3度目となるロックンローラー・コースターでしたが、相変わらずのスピード感でめちゃくちゃ面白い。これは何度乗っても楽しめるアトラクションです。

でも、今回はそれ以上に愛里の顔が面白過ぎる(笑)。

ロケットスタートで勢いが凄いのを考慮しても、ここまで迫力のある顔になるのは流石としか言いようがありません。愛里はいつも笑いを提供してくれる面白いやつだ。本当に憎めないぜ。

【ロックンローラー・コースターの詳しいレポートはこちら】

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー

そして、続いてやってきたのは、こちらもFastPass+を取得していた人気アトラクション、トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー

スタンバイの待ち時間はこの時40分を指していたので、こらも作戦成功と言っても良いでしょう。では、早速アトラクションの中へと入っていきます。

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー

プレショーを含めた不気味なキューラインを抜けると乗り場に到着。

そして、運命の座席決めで僕達が割り振られたのは、最前列にあたる2番の座席でした。前回は最後列だったのでラッキー!!!!!

では、早速ライドに乗り込んで、恐怖のタワー・オブ・テラーがスタートします!!!

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー

ズドーーーン!!

相変わらず激しい。やっぱり、スリルは日本以上ありますね。そして、最前列だから景色が最高!!って言っても、東京ディズニーシーみたいに、プロメテウス火山が見えるとかは無くて、近くにある建物の屋根と森林しか見えないんだけどね(笑)。ハハッ。

まぁ、そんな感じで2回目でしたが最高に楽しむことが出来ました。

【タワー・オブ・テラーの詳しいレポートはこちら】

新しく出来たスターバックスへ

ハリウッド・スタジオ

アトラクションから出ると、先ほどまで一面曇り空でしたが青空が少しだけ広がっていました。タワー・オブ・テラーと合わせて見ると、ちょっぴり不気味でいい感じに見えます。

さぁそして、天候が回復して、日差しも差し込んできたらやることはひとつ。

そう、僕達はここで写真タイムに入りました。ハリウッド・スタジオは絵になる場所も多いので、天候が良いと自然と写真を撮りたい気分になっちゃうんですよね(笑)。

ハリウッド・スタジオ

そして、今回撮った中で1番良かった写真がこちら。モデルも良いし景色も良いので、とっても素敵な写真が撮れました。やっぱりハリウッド・スタジオは良い写真がいっぱい生まれるなぁ。

ハリウッド・スタジオ

でも、モデルが悪いとこんな感じの写真になるので要注意(笑)。

さぁそして、写真をたっぷり撮り終えた後は、次にやりたいことまでの時間が少しだけ余っていたので、ふたりが入ってみたかった場所へ行ってみることにしました。

それは、、、、。

スターバックス

ハリウッド・スタジオにあるスターバックス・コーヒーです。このお店は僕達がWDWに滞在している間にオープンしていたので、今回先駆けとしてやってきました。

実は前回来た時もオープンはしていましたが、その時はプレオープンっぽい感じで一部ゲストか利用できず、僕達は入れてさえもらえなかったんです(笑)。なので、今回はその時のリベンジも含め、新しく出来たスターバックスへとやってきました。

スターバックス

ということで、ふたりはスターバックスの店内へ進入。

出来たばっかりということで、どこもかしこもピカピカ。でも、マジックキングダム店へ行った時よりは、全然お客さんがいませんでした(汗)。まだお店が出来たとことをみんな知らないのかな?

スターバックス

そのため、ほとんど待つことなく商品を購入できました。

ちなみに、今回買ったのは前回と同様、チョコレートクリームチップフラペチーノとバニラクリームフラペチーノです。やはり2月と言えど、日が沈むまではフロリダは暖かいので、注文するのはフラペチーノに限りますね(キラーン)。

スターバックス

あ、そして今回はドリンクと一緒にこちらのマグカップも購入。

一見普通のマグカップですが実は限定品。なんとアメリカのディズニーパーク内にあるスターバックスには、それぞれデザインが異なる限定のマグカップが販売されているんです(アナハイム含む)。

ひとつ買うと全店分欲しくなる性格なので、買わないように我慢していたんですが、ハリウッド・スタジオのスターバックスは完成したばかりということで、勢いで買ってしまいました(笑)。

ってことで、あとマジックキングダムとエプコットとアニマルキングダムも買わないと!!!

出費額
  • バニラクリームフラペチーノ($3.59)
  • チョコレートクリームチップフラペチーノ($4.29)
  • マグカップ($14.95)
  • 計:24.33ドル(税込)

前回感動した「美女と野獣ライブ・オンステージ」

美女と野獣ライブ・オンステージ

そして、フラペチーノを飲み終えた後は、次の目的地である美女と野獣ライブ・オンステージへ。

こちらは前回見た時に、絶対にもう一度見たいと思ったショー!!!ちなみに、今回予定を変更してハリウッド・スタジオに来たのも、こちらを見ることが一番の理由です(笑)。

ということで、今回も前回と同様、ショー開始の30分前から並び良い席を確保。そして、いよいよふたりが待ち望んだ、美女と野獣ライブ・オンステージが始まります。

美女と野獣ライブ・オンステージ

前回たっぷり内容を紹介したので、今回は詳しい説明は控えさせていただきますが、前回と演じている人達が変わっていたのもあるのか、また新鮮な感じでショーを見ることが出来ました。

やっぱり演じる人が変わると、構成や内容が一緒でも歌声とか演技がまた違うので、全然違った感じに見れて良いですね。ちなみに、僕敵には今回のベルの方が歌声が綺麗で素敵に感じました。

【詳しいレポートはこちら】

美女と野獣ライブ・オンステージ

あ、でもガストンは前回と同じ人でした(笑)。

このガストンは街で見かけても絶対に気付く顔をしているので、出てきた瞬間に一発でわかったというね(笑)。彼は相変わらずガストンっぽくて最高でした。

美女と野獣ライブ・オンステージ

ということで、2回目となる美女と野獣ライブ・オンステージでしたが、1回目と変わらず最高に楽しむことが出来ました。2回目でも飽きずに楽しめるのは流石ですね。本当に感動的でハイクオリティーで最高で最強で無敵なショーでした!!!

ハリウッド・スタジオ

そして、ショーが終った後は、ちょっと早いですがハリウッド・スタジオを後にすることに。計3時間弱しかいませんでしたが、FastPass+のおかげで十分過ぎるほど楽しむことが出来ました。

ということで、これにてこの旅行でのハリウッド・スタジオでの話は終了。

結局、このパークには3回も遊びに来てしまいましたが、それだけ楽しさがたくさん詰まっている素晴らしいパークでした。特に、絶叫系アトラクションとショーが良かったなぁ(ニヤニヤ)。

本日2回目となるエプコットへ

ハリウッド・スタジオ

ハリウッド・スタジオを出ると、ちょうど夕日が沈む時間で空がこんな素敵な色になっていました。このような色の空は、普段だとなかなか見れないので何だかうっとりしてしまいます。

あ、写真だからこう写っているのではなくて、実際にも見てもこんな色でしたよ(笑)。

エプコット

さぁそして、少し早めにハリウッド・スタジオを出たふたりですが、この後は再びエプコットへ向かいます。「また行くのかよ!」と突っ込みたくなるかもしれませんが、また行きます(笑)。

本当はもう一度行く予定は無かったんですが、先ほどハリウッド・スタジオのスターバックスで限定のマグカップを買ってしまったので、もう行く予定のないエプコットの限定マグカップをこれから買いに行くというわけです(笑)。こんな面倒くさいことになるなら買わなきゃ良かったね。

エプコット

ということで、僕達は本日2回目となるエプコットへとやってきました。

あ、今回は先ほどの反省を活かしてバスで移動。10分強で到着したので、やっぱバス移動の方が良いですね(笑)。そして、僕達は寄り道をすることなくエプコットのスターバックスに到着しました。

しかし、ここでまさかの問題が発生!!

なんと、エプコット限定のマグカップが売ってませんでした。

どうやら、マグカップのプリントにミスがあったらしく、全てリコールされてしまったそうです。ガーン。これを買うためにわざわざ来たのに何てこった。誕生日なのにツイて無さ過ぎです(泣)。

ということで、結局マグカップは買えませんでした。まぁでも、アニマルキングダム店はまだオープンしてないので、どうせ今回の旅行中は全て揃えられなかったから良しとするか(笑)。

エプコット

そして、この後は気を取り直して、大好きなアトラクションであるスペースシップ・アースに乗ったり、イギリス館のフィッシュ&チップスを再び食べたり、噴水のショー的なのを観たりして、少しの時間エプコットを楽しみました。

エプコット

ということで、これにてこの旅行でのエプコットでの話も終了です。

エプコットに来るまでは、シンボルのスペースシップ・アースがボールだと思っていたくらい、どんなパークか知らずにいましたが(笑)、実際に遊んでみると色んなことを体験できたり、学べたり、感じれたりと、とても奥の深い素晴らしいパークでした。

ただ、ひとつだけ心残りなのが、各パビリオンのレストランをあまり楽しめなかったこと。帰ってきて色々調べてみると、美味しいレストランがたくさんあったことを知ったので、次回行った時はその辺をたくさん周って食い倒れたいと思います(笑)。

次回記事の予告

というわけで、今回はハリウッド・スタジオへのボート移動からその日の終わりまでをお送りしました。そして次の記事は、10目に行ったアニマルキングダム編のアニマルキングダムならでは!本物の鳥が登場するショーを観賞になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていてください。

関連するキーワード
この記事を友達にシェアする
この後によく読まれている記事